関西は薄味

公開日: : 塩分控え目の味付け

よく関東では濃い味付け、関西では薄い味付けが好まれるといわれています。
確かに関西を代表する京都の料理などは比較的薄味ですし、関西風や京風とついた料理であまり濃い味付けのものは見かけません。
大陸などに比べるとそれほど大きくはない日本で、なぜ味の好みが異なるのでしょうか。

減塩もマスクも健康には必須。ストック、切れかけてませんか?
これは中国の専門工場から正式に輸入されています。転売マスクではないです
不織布三層構造マスク

その理由には、歴史や気候など多くのことが影響しているといわれています。
歴史的によくいわれるのが、武家社会と公家社会の好み違いです。
関東武士といわれるように、武家社会では肉体的な消費が多かったため、必然的に濃い味を好んだといわれています。
それに対して、公家社会ではあまり肉体的な消費が多くなかったため、うす味を好んだといわれています。
もっとも、関東人のすべてが武士でも、関西人のすべてが公家だったわけでもありませんが、それらの人々が食文化をリードしていたのは確かかもしれません。

a0002_000748

その他にも、水の違いも影響しているといわれています。
関東の方が関西に比べて、やや水の硬度が高いそうで、それが直接だしの違いにつながったというものです。
関東は硬水のため、こんぶでだしがとりにくいがかつおではだしがとりやすく、関西は軟水のためその逆でかつおでとりにくく、こんぶでだしがとりにくかったといわれています。
これには関東ではこんぶが、手に入りにくかったという側面もあったようです。
また、関東と関西の土壌、土の質が異なるため、関東は力強い野菜が多く、関西は柔らかく細めの野菜が多かったため、味付けもことなったともいわれています。

このように関東と関西でくらべると、一般的には関西の方が薄味を好む傾向にあります。
しかし、料理によっては逆のケースもあるようで、ソースなどは関西の方が濃い味を好んだり、おでんに関しても関西の方が味付け自体は濃い料理も若干あります。

関連記事

野菜が苦手な人へのおすすめ野菜料理

野菜中心の食生活が身体にいいとわかっていても、野菜が苦手な人にとって野菜を食事メインにするには厳しい

記事を読む

風味

薬味や酸味を加えて塩分を控える方法の他に、風味を加えるというアイデアもあります。 その一例がごま油で

記事を読む

カップ麺の味も違う

関東と関西では味の好みが異なりますが、それを良く表しているのが、全国で販売されているインスタント食品

記事を読む

薬味

お店などで天ぷらを食べる時、よく大根おろしとすりおろしたしょうが添えられていることがあります。 刺身

記事を読む

酸味

塩分を摂り過ぎない工夫のひとつに、できるだけ醤油を使わない方法があります。 焼き魚などの料理の際に醤

記事を読む

野菜中心の食生活へ

食べることができる植物を総じて野菜といいますが、野菜には多くの栄養素が含まれています。 野菜中心の食

記事を読む

関東人が関西の味に慣れるまで

関東の人がいきなり関西の味つけで食事を行うようになると、正直なところまずいと感じるかもしれません。

記事を読む

マヨネーズ、チーズ

塩分を控えるために、マヨネーズで味付けるのも有効なようです。 調味料のひとつであるマヨネーズには塩分

記事を読む

関東と関西の味の違い

関東と関西で味が違う事でよく知られている料理に、すきやきがあります。 関東のすきやきは、割下といわれ

記事を読む

甘口醤油、減塩醤油

醤油は日本人の食生活において代表的な調味料ですが、地方によって好みが若干異なり、南に行くほど甘いタイ

記事を読む

  • 【関連サイト】
  • ↓これでも減塩メニュー!?と、きっと思いますよ
  • ↓こちらもメニュー豊富でお試しに最適
ネットで見つけたレシピの紹介2

腎臓病など病気の方は特に塩分の摂取量が気になりますが、できだけバラエテ

ネットで見つけたレシピの紹介1

塩分を控えた食事といっても単に食塩の使用量を減らしただけでは、味気のな

サントリー飲料「DAKARA」

以前、小便小僧がテレビCMでおしっこしていたので利尿作用があると思われ

サウナ

有酸素運動によって日常的に塩分を排出しやすい身体をつくることができます

ミネラル麦茶

よく冷えた麦茶といえば夏の飲み物の定番ですが、麦茶は焙煎した大麦の種子

有酸素運動

日常的に適度な運動を行なうことが身体にいいことは誰でも知っていることで

赤味噌

味噌汁は日本国内のどこにでもありますが、地方ごとの特色をよく表した料理

天然塩

摂り過ぎた塩分の排出にはカリウムを含む食品を多くとるのが得策ですが、天

乳製品

塩分つまりナトリウムを摂り過ぎると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます

カリウム

カリウムは取りすぎた塩分(ナトリウム)を体外に排出する働きをしますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑