野菜

公開日: : 食材別の塩分量

野菜は、端的にいうと食用となる植物をのことですが、気候や土壌に影響を受けやすく、地方のよっては自給自足的な面をもっていました。
気候に左右されることがかえって旬という、最も適した味の良い時期がありました。

品種改良やハウス栽培などが積極的に行なわれたり、海外からも輸入されるようになって、近年はあまり旬を意識せず1年中手に入るようになってきました。

塩分、つまりナトリウムは生き物にとっては欠かせない栄養素のひとつですが、野菜にも必要であるといわれています。
チッソ、リン、カリウムが野菜の3大栄養素であるといわれていますが、ナトリウムなどその他にも必要とされる栄養素はあるようです。
野菜は必要な栄養素を土から吸収していますが、土の中は基本的にあまり塩分が含まれていません。

a0002_000748

逆に、海岸の近くなどでは海の影響で塩分が含まれているようですが、一般的に塩分が多くなると野菜は育たずに枯れてしまいます。
種類によっては塩分が少なくても育たない野菜もあるようで、その点から考えると野菜に含まれる塩分は平均的に少ないようです。

例えば、トマトの場合で100gに約0.0075gの塩分が含まれているようです。
残念ながら0.0075gの塩分が、どの程度塩の味がするかわかりませんが、ごく微量であるといえます。
野菜の中で、比較的多くの塩分が含まれているといわれているのが白菜で、100gに約0.095gだそうです。
その他に多いといわれている野菜でも、人参で100g中塩分が約0.078g、キャベツで100g中塩分が約0.0425gぐらいだそうです。
このように野菜に含まれる塩分は平均的にごく微量ですが、野菜を多く摂ると塩分を排泄しやすいといわれています。
これは、野菜などに多く含まれているカリウムが、塩分であるナトリウムの排泄を促す働きがあるためのようです。

関連記事

醤油

醤油の始まりは、3,000年以上も前の中国だったといわれており、原料を塩漬けにしたものだったといわれ

記事を読む

たらこ

たらこは、すけとうだらという魚の卵を塩漬けにしたもので、そのまま食べたり、焼いて食べたり、スパゲティ

記事を読む

洋菓子

西洋で生まれた菓子類を洋菓子といいますが、今や洋菓子専門店でなくても、町のあちこちで見かけます。 洋

記事を読む

ソース

ソースといれば、通常はウスターソースのことをいいますが、他にもとんかつソースや中濃ソースなどがありま

記事を読む

人間が口にする肉は、一般的に牛・豚・馬・山羊・鳥などがあります。 海外では国や民族によって、カエルや

記事を読む

寿司

今や日本国内だけでなく、海外でもSUSHIの名前で通用する寿司ですが、ひとくちに寿司といってもいくつ

記事を読む

和菓子

和菓子は、日本の伝統的な食材や製造方法を用いて、日本人の歴史とともに長い間育まれてきました。 今日、

記事を読む

煮物

おいしい煮物を食べると、思わず日本人でよかったと思うってしまうくらい、煮物は日本らしい料理のひとつで

記事を読む

魚は昔から、日本人の食生活に重要な食材でした。 島国である日本にとっては、慣れ親しんだ食材であり、関

記事を読む

味噌汁

一汁一菜」といわれるように、日本の伝統的な食事では汁物はかかせませんでした。 味噌汁は、出し汁に野菜

記事を読む

前記事
次記事
醤油
  • 【関連サイト】
  • ↓これでも減塩メニュー!?と、きっと思いますよ
  • ↓こちらもメニュー豊富でお試しに最適
ネットで見つけたレシピの紹介2

腎臓病など病気の方は特に塩分の摂取量が気になりますが、できだけバラエテ

ネットで見つけたレシピの紹介1

塩分を控えた食事といっても単に食塩の使用量を減らしただけでは、味気のな

サントリー飲料「DAKARA」

以前、小便小僧がテレビCMでおしっこしていたので利尿作用があると思われ

サウナ

有酸素運動によって日常的に塩分を排出しやすい身体をつくることができます

ミネラル麦茶

よく冷えた麦茶といえば夏の飲み物の定番ですが、麦茶は焙煎した大麦の種子

有酸素運動

日常的に適度な運動を行なうことが身体にいいことは誰でも知っていることで

赤味噌

味噌汁は日本国内のどこにでもありますが、地方ごとの特色をよく表した料理

天然塩

摂り過ぎた塩分の排出にはカリウムを含む食品を多くとるのが得策ですが、天

乳製品

塩分つまりナトリウムを摂り過ぎると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます

カリウム

カリウムは取りすぎた塩分(ナトリウム)を体外に排出する働きをしますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑