外食

公開日: : 料理別の塩分量

日本人の食に関する環境は、経済成長による所得の増加や安定、冷蔵庫や電子レンジなどの機器の普及、流通インフラの整備などにより、戦後から比べると目覚しく改善されました。
外食産業の成長も著しく、日本にいながら海外の料理やいままでの食生活になかったメニューを日常的に食べる事ができるようになりました。

減塩もマスクも健康には必須。ストック、切れかけてませんか?
これは中国の専門工場から正式に輸入されています。転売マスクではないです
不織布三層構造マスク

食生活の充実という面から考えると、非常に恵まれた状況ではありますが、栄養面から考えると必ずしもよい状況とはいえないようです。

日本人の外食を利用する割合は、世代に関係なく年々増加しており、外食はもはや若い世代だけのものではないようです。

a0002_000748

一般的に外食は、手間やコストを考慮しなければならないため、野菜などが少なくビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しているといわれています。
揚げ物など油分の多いメニューの方が人気があり、味付けも濃いものが多いので、必然的に塩分も多くなります。
一説には、料理を濃い目の味付けをすることによって、アルコールなどの飲み物の注文を増やすため、といわれていることもあるようですが、家庭料理に比べて比較的濃い目に味が多いのは確かなようです。

特に昼食などでは、麺類やどんぶり類などを単品で食べる機会が多いようですが、単品だけだと塩分が高くなる傾向が多いようです。
定食のようなメニューは、多くの食材が使われることが多いので、単品よりも偏った塩分の摂取はないといわれていますが、メインの食材によって大きく変わるようです。
ハンバーガーなどのファーストフードも、最近はヘルシーなメニューがあるといっても、濃い目の味付けが多く塩分に関してもほほ同じような傾向があるといわれています。

関連記事

コンビニ弁当

もともと日本人は塩分の摂取量が多い傾向にありましたが、1970年代頃から塩分を控える事による健康意識

記事を読む

和食

ヨーロッパやアメリカでは、和食はヘルシーで健康によい料理として人気があります。 特にアメリカでは、寿

記事を読む

中華

中華料理は和食や洋食に比べて、特に強力な火を使うのが特徴で、一説には火を使わない調理法をさけていると

記事を読む

洋食

和食は季節感や旬の素材を大切にして、それらを生かすことを重点にしている料理だといわれており、比較的繊

記事を読む

冷凍食品

旬の食材をそれ以外の時期にも、同じような味や風味で安定して消費者に提供するために、冷凍食品は生まれま

記事を読む

前記事
コンビニ弁当
次記事
冷凍食品
  • 【関連サイト】
  • ↓これでも減塩メニュー!?と、きっと思いますよ
  • ↓こちらもメニュー豊富でお試しに最適
ネットで見つけたレシピの紹介2

腎臓病など病気の方は特に塩分の摂取量が気になりますが、できだけバラエテ

ネットで見つけたレシピの紹介1

塩分を控えた食事といっても単に食塩の使用量を減らしただけでは、味気のな

サントリー飲料「DAKARA」

以前、小便小僧がテレビCMでおしっこしていたので利尿作用があると思われ

サウナ

有酸素運動によって日常的に塩分を排出しやすい身体をつくることができます

ミネラル麦茶

よく冷えた麦茶といえば夏の飲み物の定番ですが、麦茶は焙煎した大麦の種子

有酸素運動

日常的に適度な運動を行なうことが身体にいいことは誰でも知っていることで

赤味噌

味噌汁は日本国内のどこにでもありますが、地方ごとの特色をよく表した料理

天然塩

摂り過ぎた塩分の排出にはカリウムを含む食品を多くとるのが得策ですが、天

乳製品

塩分つまりナトリウムを摂り過ぎると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます

カリウム

カリウムは取りすぎた塩分(ナトリウム)を体外に排出する働きをしますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑