コンビニ弁当

公開日: : 料理別の塩分量

もともと日本人は塩分の摂取量が多い傾向にありましたが、1970年代頃から塩分を控える事による健康意識の高まりもあり、年々塩分の摂取量が減少していました。
しかし、1990年代になってコンビニエンスストアの勢いが盛んになってくると、販売される食品のバラエティさから利用者が増え、塩分を控えた食生活に影響を与えだしたといわれています。

減塩もマスクも健康には必須。ストック、切れかけてませんか?
これは中国の専門工場から正式に輸入されています。転売マスクではないです
不織布三層構造マスク

その代表格が弁当で、手軽さと品揃えの豊富さから利用者が増え、「コンビニ弁当」というひとつの商品名になりました。
コンビニエンスストア側もコンビニ弁当に非常に力をいれており、季節ごとに新商品を開発したり、有名シェフにプロデュースを依頼したりして、利用者の増加に力を入れてきました。
コンビニ弁当はある程度の時間保存することを前提とし、衛生面で考慮する必要もあり塩分をある程度多くすることは避けられません。

a0002_000748

また、コンビニ弁当を積極的に購入する年齢層は、スナック菓子などで日頃から塩分の高い食材を口にしているため、ある程度塩分が高くないと嗜好に答えられません。
販売されているコンビニ弁当の塩分の平均は4~5gといわれており、目標とする1日の塩分摂取量の半分を、この1食で満たしてしまうことになります。
また、コンビニ弁当と同時にもう1品購入するケースもすくなくありません。
そのもう1品が、インスタント食品や加工食品などの塩分が高いものであれば、1日の塩分摂取量をオーバーすることもありえます。

しかしそんなコンビニ弁当も、地元食材を積極的取り入れたりして、健康を意識したメニューが登場してきているようです。
野菜などを多めに取り入れたりして工夫を重ね、平均4~5gといわれる塩分を2g以下に設定しているコンビニ弁当もあるようです。

関連記事

洋食

和食は季節感や旬の素材を大切にして、それらを生かすことを重点にしている料理だといわれており、比較的繊

記事を読む

冷凍食品

旬の食材をそれ以外の時期にも、同じような味や風味で安定して消費者に提供するために、冷凍食品は生まれま

記事を読む

中華

中華料理は和食や洋食に比べて、特に強力な火を使うのが特徴で、一説には火を使わない調理法をさけていると

記事を読む

和食

ヨーロッパやアメリカでは、和食はヘルシーで健康によい料理として人気があります。 特にアメリカでは、寿

記事を読む

外食

日本人の食に関する環境は、経済成長による所得の増加や安定、冷蔵庫や電子レンジなどの機器の普及、流通イ

記事を読む

前記事
中華
次記事
外食
  • 【関連サイト】
  • ↓これでも減塩メニュー!?と、きっと思いますよ
  • ↓こちらもメニュー豊富でお試しに最適
ネットで見つけたレシピの紹介2

腎臓病など病気の方は特に塩分の摂取量が気になりますが、できだけバラエテ

ネットで見つけたレシピの紹介1

塩分を控えた食事といっても単に食塩の使用量を減らしただけでは、味気のな

サントリー飲料「DAKARA」

以前、小便小僧がテレビCMでおしっこしていたので利尿作用があると思われ

サウナ

有酸素運動によって日常的に塩分を排出しやすい身体をつくることができます

ミネラル麦茶

よく冷えた麦茶といえば夏の飲み物の定番ですが、麦茶は焙煎した大麦の種子

有酸素運動

日常的に適度な運動を行なうことが身体にいいことは誰でも知っていることで

赤味噌

味噌汁は日本国内のどこにでもありますが、地方ごとの特色をよく表した料理

天然塩

摂り過ぎた塩分の排出にはカリウムを含む食品を多くとるのが得策ですが、天

乳製品

塩分つまりナトリウムを摂り過ぎると、カルシウムの吸収を妨げてしまいます

カリウム

カリウムは取りすぎた塩分(ナトリウム)を体外に排出する働きをしますが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑